ニッポン金融ウラの裏

地銀経営に「コンサルが過度に介入」金融庁が注意喚起

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
山口フィナンシャルグループ本社=山口県下関市で2021年10月14日、金澤稔撮影
山口フィナンシャルグループ本社=山口県下関市で2021年10月14日、金澤稔撮影

 新たなビジネスモデル構築に向け、地方銀行がコンサルティング会社を活用するケースが少なくない。外部の知見を経営に生かす手法の一つだ。だが、本来の活用の域を逸脱して、コンサルティング会社が経営の意思決定に関与するようなケースが指摘されている。この問題で金融庁が10月、地銀に注意喚起した。その内容を報告する。

 金融庁が地銀に注意を促したのは、タイミングから見て山口フィナンシャルグループ(FG、山口県下関市)の“トップ解任”がきっかけとみられる。山口フィナンシャルグループは有力地銀、山口銀行を中核とするグループだ。

山口フィナンシャルグループの解任問題

 山口フィナンシャルグループでは6月、臨時取締役会で、吉村猛・会長兼最高経営責任者(CEO)が突然解任される“事件”が起きた。直前の株主総会で、同…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1670文字)

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。