経済プレミアインタビュー

野口悠紀雄氏が米国で失敗したスラング“牛のふん”

川口雅浩・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
野口悠紀雄・一橋大名誉教授=東京都新宿区で2019年12月18日、宮本明登撮影
野口悠紀雄・一橋大名誉教授=東京都新宿区で2019年12月18日、宮本明登撮影

 経済学者で一橋大名誉教授の野口悠紀雄氏は、母校・東京都立日比谷高の恩師だった森一郎氏が「試験に出る英単語」(青春出版社)を執筆する際、実験台になったという。野口氏に「でる単」誕生秘話と英語学習法について聞くインタビューの2回目は、「でる単の哲学は正しい」と語る野口氏に自身の“失敗体験”を聞いた。【聞き手は経済プレミア編集長・川口雅浩】

野口悠紀雄氏に聞く英語学習法(2)

 ――野口さんの他にも、森さんから「この英単語を知っているか」などと実験台として質問された日比谷高の卒業生はいるのでしょうか。

 ◆野口悠紀雄さん 今回のインタビューを前に、同級生の何人かに聞いてみましたが、「森先生のでる単の記憶はない」と言っています。私のように実験台になった人は他にもいるかもしれませんが、わかりません。

 私は高校で人生の半分を過ごしたと思っています。文学書の8割以上は高校時代に読みました。友人とお互いに影響を与え合い、非常に貴重な時間でした。不遜な言い方かもしれませんが、森先生も、生徒だった我々から影響を受けているのではないかと思います。

「専門分野に合った勉強を」

 ――現在ならコンピューターで試験問題に出る英単語の頻度を調べることは可能ですが、森さんは1902年以降の旧制・新制大学の入試問題を自分で調べたそうです。「現代の高校生は勉強時間の半分以上を英語に費やしている者が多く、そのわりには能率が上がっていない」と嘆き、「効率的でむだのない本」を目指したと書いています。

 ◆私はその作業のことは知りませんが、そのようにして作成されたのでしょう。それはたいへんな努力です。試験に出る単語はバイアス(偏り)があるという森先生の発見は画期的でした。入試問題を作っているのは学者で、入試に出る英語は学者が読む文章なので、日常生活で使う英語とは違うものだと。森先生のこの哲学は今も正しいと思います。

 ビジネスマンならビジネス、スポーツ選手ならスポーツで使う英語があります。英会話学校で普通の英語をやっても通用しません…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1704文字)

川口雅浩

経済プレミア編集部

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部。