知っておきたい住宅・不動産

高齢親の実家「とりあえず空き家」になるのを防ぐには

さくら事務所・個人向け不動産コンサルティング
  • 文字
  • 印刷
 
 

 空き家の増加が社会問題になって久しい。なかでも多いのが、相続で引き継いだ親の実家を持て余し「とりあえず空き家」として放置しているパターンだ。だが、放置する期間が長引くほど売却や処分は難しくなり、使い道も見えないまま管理責任がのしかかる「負動産」化する可能性が高い。親が元気なうちから、家族で「実家のセカンドキャリア(第二の活用法)」を話し合っておくのが望ましいだろう。

親の実家を持て余し

 空き家が増えている。総務省「2018年住宅・土地統計調査」によると、全国の空き家は848万9000戸で、住宅総数に占める空き家率は13.6%と過去最高になった。賃貸・売却用住宅や別荘などを除いた一般の空き家は348万7000戸と、ここ30年で2.7倍に膨れ上がった。

 この背景には、少子高齢化や人口減少が進むのに、新築・持ち家重視の政策が進められ、住宅供給が世帯数を上回り、供給過剰となっていることがある。

 空き家を管理せずに放置しておけば、災害などで建物が壊れて人に危害を与えたり、ごみの放置や不法投棄で臭気が発生したり、まちの景観を損なったりするなど、地域に悪影響をもたらす。その結果、地域のイメージが低下し、ひいては、地域全体の不動産価格が下がり、さらに空き家を生む悪循環も懸念される。

 国土交通省「19年空き家所有者実態調査」によると、空き家を取得した理由は「相続」が過半数にのぼる。空き家のままにしている理由は「物置として必要」「解体費用をかけたくない」「さら地にしても使い道がない」などが多い。相続で親の実家を引き継いだが、活用したり処分したりせずに放置しているケースが多いとみられる。

セカ…

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1982文字)

さくら事務所

個人向け不動産コンサルティング

業界初の個人向け総合不動産コンサルティングサービス会社として1999年設立。本社は東京都渋谷区。住まいの「かかりつけのお医者さん」である住宅診断(ホームインスペクション)のパイオニアで、5万件超と国内トップの実績。マンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関するアドバイスなども広く提供している。