週刊エコノミスト Onlineから

スタンフォード大教授「コロナは格差を拡大させたか」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
ウォルター・シャイデル氏=本人提供
ウォルター・シャイデル氏=本人提供

 人類の歴史を通じて「不平等」を研究する米スタンフォード大学のウォルター・シャイデル教授にインタビューした。その目に、新型コロナウイルス禍の影響はどう映っているのか。

(聞き手=岩田太郎・在米ジャーナリスト)

── 2017年に刊行した著書『暴力と不平等の人類史』では、人類の歴史上、平等化は(1)戦争、(2)革命、(3)国家崩壊、(4)疫病──という暴力的かつ悲劇的な「四つの騎士」によって達成されてきたと主張しています。現在の新型コロナウイルス禍は、その(4)疫病に当たりますが、平等化には影響したのでしょうか。

■コロナ禍が始まった当初から、「コロナは(14世紀に猛威を振るった)ペストのように格差是正の役割を果たすのか」と質問する多くの取材を受けたが、多くの理由から答えは「ノー」だ。最も重要なのは、これらの過去の壊滅的な疫病と比較して、コロナによる死者が相対的に少なかった幸運があったことだ。これからも死亡数が壊滅的なまでに増える可能性は低い。

── ペストなど疫病の流行は過去、急激な人口減少が労働の価値を相対的に高め、不平等を是正したと指摘しています。

■今回のコロナ禍では、(人口減少が原因ではない)労働力不足が生じたものの、過去の大きな疫病で生じた人手不足の規模とは比較にならない。失業した人々への給付金や、家賃補助、住居立ち退き執行の延期など、これまでにない救済策も打ち出され、さらに金融面で大規模な量的緩和が実行された。これらにより、最悪の経済ショックが回避された。

 また、テクノロジーの進歩により、ウェブ会議を使って仕事ができる恵まれた階層の人たちの多くは失業を逃れられたし、ワクチンがごく短期間で開発された。これらの多くは20年前であれば可能ではなかっただろう。つまり、われわれの疫病対処能力が改善されていたタイミングでコロナが襲い掛かってきたのだ。そのため、コロナ禍は過去の疫病ほど壊滅的なものにならず、同時に格差是正効果も薄くなっている。

「超富豪」が米国で出現

── 米国での不平等の現状は?

■富の格差と収入の格差に分けて考える必要がある。コロナの出現以前から、収入の格差はわず…

この記事は有料記事です。

残り3528文字(全文4426文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。