クルマ最新事情

トヨタ社長「Zには負けませんから」に日産社長は?

川口雅浩・経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
オンライン記者会見で「日産のみなさん、Zには負けませんから」と語るトヨタ自動車の豊田章男社長=同社の公開映像から
オンライン記者会見で「日産のみなさん、Zには負けませんから」と語るトヨタ自動車の豊田章男社長=同社の公開映像から

 「日産のみなさん、Zには負けませんから。聞いてる? Zには負けませんから」

 トヨタ自動車の豊田章男社長が1月14日のオンライン記者会見で、おどけながらも日産自動車をけん制し、対抗心を見せる場面があった。この発言に対して、日産の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は何と答えたのか。

 この日は千葉市の幕張メッセで開かれた自動車の祭典「東京オートサロン」の初日で、自動車メーカーのトップらがリレー方式でオンライン会見を行った。

 トップバッターは豊田社長で、トヨタがオートサロンに出品したスポーツカー「GRヤリス」のフルチューンモデルなどについて熱弁をふるった。その最後に飛び出したのが冒頭の発言だ。

 Zとは日産が東京オートサロンで初公開した新型「フェアレディZ」のことだ。日本では14年ぶりのフルモデルチェンジで、事実上7代目となる新型Zは、今回のオートサロンの目玉のひとつだった。

「日産を象徴するモデル」

 トヨタに続くオンライン会見の2番手は日産で、新型フェアレディZの発表に内田社長が登場した。内田社長はタレントの近藤真彦さんとともに「フェアレディZファンの代表」として、Zに対する思いなどを語った。

 司会者から「先ほど豊田章男さんが『Zには負けないよ』とおっしゃった」と振られた内田社長は「…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1182文字)

川口雅浩

経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部。