産業医の現場カルテ

どう選ぶ?自社に合う「産業医」見極めるポイントは

佐藤乃理子・産業医・労働衛生コンサルタント
  • 文字
  • 印刷
 
 

 平井さん(仮名、30代男性)は、ITベンチャー企業の社長です。事業が軌道に乗り始め、従業員数が増えてきました。産業医である私は、平井さんから「そろそろ産業医を選任しなければならないと聞きました。産業医を選ぶポイントを教えてください」と相談を受けました。

従業員数が50人以上に

 平井さんの会社は、4月の新年度から新たに数人が入社する予定で、従業員数が50人を超えます。労働安全衛生法は、産業医を「常時50人以上の労働者を使用する事業場」に、「選任すべき事由が発生した日から14日以内に選任すること」(労働安全衛生規則13条)と定めています。

 私はまず、平井さんに産業医に関する基本的なことを伝えました。

 産業医は、職場に有害なものがないかどうかを把握して良好な状態を保つ「作業環境管理」▽有害となる作業を避けるための「作業管理」▽各従業員の健康状態を保つための「健康管理」――の「3管理」を主に行います。

 イメージしやすいのは、健康診断やストレスチェックの結果をもとにした面談や、長時間労働になっている従業員に対する面談を実施することでしょう。従業員が健康を維持・増進するための健康教育も行います。これらは「健康管理」に関することです。

 また、50人以上の事業所に設置が義務づけられる衛生委員会への参加や職場巡視も大きな役割の一つです。

産業医を探すには

 作業環境管理や作業管理はどうでしょうか…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1551文字)

佐藤乃理子

産業医・労働衛生コンサルタント

2002年、藤田保健衛生大学医学部卒業。泌尿器科医として病院に勤務しながら、がん治療薬の基礎研究にあたった。10年に厚生労働省健康局へ出向して臓器移植関連の政策に従事し、13年に北里大学医学部に所属し、同大学病院の医療マネジメント、経営企画に参画。15年に日本医師会認定産業医となり、複数の企業の嘱託産業医を務めてきた。20年4月に労働衛生コンサルタントを取得し、幅広く働く人の健康や職場環境の管理に関する相談を受ける。また、東京都檜原村で労働環境やライフスタイルのあり方を提案する「檜原ライフスタイルラボ」の共同代表を務める。