週刊エコノミスト Onlineから

還暦でボサノバ歌手に 元タクシー運転手の流転人生

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
「タクシー運転手時代は車の中で音楽も聴けたし、休み時間にギターの練習もできた」 撮影=蘆田剛
「タクシー運転手時代は車の中で音楽も聴けたし、休み時間にギターの練習もできた」 撮影=蘆田剛

 埼玉県秩父市でタクシー運転手としてハンドルを握ること20年。その傍ら、一人で黙々とボサノバの曲作りに取り組み、還暦を迎えた8年前にCDデビューしたタクシー・サウダージさんに話を聞いた。流転の人生が刻まれたその音楽は、聴く人の胸を深く打つ。

(聞き手=大宮知信・ジャーナリスト)

── 2020年に新しいアルバムを2枚出しました(7月に「Homenagem a João Gilberto ジョアンに捧ぐ」、12月に「なみのまにまに」)。これで通算5枚目ですね。

サウダージ 「ジョアンに捧ぐ」は、(“ボサノバの神様”といわれるブラジルのミュージシャン)ジョアン・ジルベルトが19年に亡くなったから出そうと思ったんです。また、20年は世界中で新型コロナウイルスがはやったり、5月に母が亡くなったりしたこともあり、自分でもがらっと変わった1年でした。前から作っていた曲もたまったし、ここでもう1枚出そうかなと思いましてね。それが5枚目の「なみのまにまに」です。

── 「ジョアンに捧ぐ」は、タクシー・サウダージさんのギター1本の弾き語りで収録され、オリジナルだけでなくボサノバの名曲「イパネマの娘」やラテンのスタンダード「ベサメ・ムーチョ」も入っていたりと、楽しいアルバムです。

サウダージ ジョアン・ジルベルトを初めて聴いた時、その人が持っている正直な声で歌っていると感じました。彼自身は自分がやっていることをボサノバだとは思っていない。自分ができる表現を精いっぱいやっているだけ。それを後の人たちが「ボサノバ」といっているんです。僕もボサノバを多角的に捉えていて、スタイルとしてのボサノバをやろうとは思ってはいません。

── 「なみのまにまに」は「ジョアンに捧ぐ」とは打って変わって、ユーモラスだけどちょっと怖い感じのオリジナル曲からサンバ、ヒップホップ、日本の歌曲まで、さまざまなジャンルの曲をボサノバにアレンジした曲が入っています。

サウダージ 「ゲリラ、ゴジラ」なんて歌詞があったりと、それこそ人によっていろんなイメージを持ってもらえればいいんです。歌詞はコロナが流行する前にできていましたが、コロナ禍で起きたさまざまな事件とか不安な空気とか、そうしたことも含めて作りました。20年はそうした材料がまん延していましたね。

還暦で初のアルバム

 <生まれ育った埼玉県秩父市でタクシー運転手をしながら、独学のギ…

この記事は有料記事です。

残り3371文字(全文4369文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。