週刊エコノミスト Onlineから

寺島実郎氏「円安がいかにミジメか痛感する時がきた」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
日本国内はガソリンだけでなく、さまざまな製品が値上がりしている Bloomberg
日本国内はガソリンだけでなく、さまざまな製品が値上がりしている Bloomberg

 日本円の実力を示す「実質実効為替レート」が50年ぶりの円安水準にまで下落している。50年前といえば、1971年のニクソン・ショック(ドル・ショック=金・ドル交換停止)があった時代だ。日本の通貨の価値が、この時の水準まで下落したという意味を考えなければいけない。

 日本が円という通貨を採用したのは1871(明治4)年のことだ。円の価値は1ドル=1円からスタートした。第二次世界大戦開戦前は実勢レートで1ドル=2円ほどだった。ところが敗戦後の1949年、連合国軍総司令部(GHQ)によって「ドッジ・ライン(財政金融引き締め政策)」が実施され、1ドル=360円の為替レートが決まった。つまり敗戦によって、円の価値が180分の1にまで下落したのだ。

 そこから日本は、鉄鋼・エレクトロニクス・自動車産業という基幹産業を育てて外貨を稼ぎ、「工業生産力モデル」の優等生として突き進み、豊かな経済を実現してきた。その後、「日本円は安すぎる」と圧力を米国から受けるようになり、そうした中で行き着いたのが1971年のニクソン・ショックだった。

 国際社会で自分の国の通貨が相手にされないという悲しみを味わったことがないまま、日本人はこの50年間を生きてきた。通貨価値が崩れる時の怖さや惨めさを知らない。

アベノミクスの失敗

 私には忘れられない記憶がある。三井物産に入社後の75年に、英ロンドンへ長期出張した。現地の邦銀…

この記事は有料記事です。

残り1920文字(全文2518文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。