週刊エコノミスト Onlineから

高田創氏「ニクソンショック後の50年と円高トラウマ」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
円高が続いたことで日本企業は海外生産に切り替えた Bloomberg
円高が続いたことで日本企業は海外生産に切り替えた Bloomberg

 2021年8月は、戦後続いた1ドル=360円の固定相場制の転換となったニクソン・ショック(1971年)から50年の節目だった。ニクソン・ショック以降は、長期にわたり円高が続いたことに伴う「トラウマ(心的外傷)」が、家計や企業の行動に大きな制約を及ぼしていた。

 一方、過去10年近いアベノミクスでの異次元緩和も含めた対応もあり、円高の潮流は大きく転換している。そのトラウマからの転換は、海外投資に向け新たな投資フロンティアを実現すると同時に、企業行動にも影響を及ぼす。

「鬼」はいつも米国

 筆者の為替市場のストーリーラインは「だるまさんが転んだ」として、為替相場は米国が主導してきたという点だった。「だるまさんが転んだ」とは子供の遊びで、鬼が振り向くと参加者の行動が一転することを指す。為替市場で「鬼」はいつも米国で、米国の思いのままに為替の方向が決まるという経験則だった。ドル・円相場は本来、米国と日本の双方の要因で決まるはずだが、歴史的に見て大きな転換点はいつも米国サイドで決まるものだった。

 変動相場制下では、日本の貿易黒字拡大に伴う経済脅威の局面と重なり、米国からの円高圧力が日本の市場参加者にもトラウマとして意識されやすかった。今日、米国の脅威は中国に転じた。依然、日本の市場関係者に円高トラウマは存在するものの、日本が通商問題でターゲットになるリスク、円高を迫られる「円高ハラスメント」…

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1893文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。