週刊エコノミスト Onlineから

賞金3億円にスター選手も 活況の「eスポーツ」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
実業団からスターに上り詰める選手の登場も近いかもしれない
実業団からスターに上り詰める選手の登場も近いかもしれない

 eスポーツはテレビゲームを競技として捉え、選手が技術を持って対戦することの総称だ。もとは遊びの一環だとしても真剣に取り組み、高い知識と技術を持つことで、これまでのゲームをプレーする姿勢とは一線を画するものだ。

 ゲーム大手カプコンの格闘ゲーム「ストリートファイターⅤ」やセガのパズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」などをはじめとし、いくつかのゲームタイトルはプロライセンスを発行し、トップで活躍するプレーヤーはプロゲーマーとして、さまざまな方面で活動している。

 日本国内でもその歴史はまだ浅いeスポーツだが、注目度は年々高くなってきた。

 ソニー生命保険の「中高生が思い描く将来についての意識調査2021」では、男子中学生の第2位にプロeスポーツプレーヤーが選ばれた。また、高校生向けのeスポーツ大会である「STAGE:0 2021年大会」では、エントリー総数2145校、2478チーム、5919人の参加があり、若年層における認知度の高さは突出している。

賞金3億円に年棒も保証

 eスポーツを取り巻く環境は、ここ1~2年の間に大きく変わった。特にコロナ禍によりさまざまなエンターテインメント事業が縮小撤退を余儀なくされる中、オンラインでも対応できるeスポーツに期待する声は大きい。

 これまでのeスポーツ大会は、仲間内や一部メーカーによるものがほとんどで、賞金が出ない、もしくは賞金が出ても数万~数十万円程度の少額なものばかりだった。その後、ゲームメーカーやゲームに関わる周辺機器メーカー、パソコン(PC)メーカーなど、ゲーム関連企業が大会の運営やスポンサーとなったり、大会を開いたりするようになり、賞金付…

この記事は有料記事です。

残り2500文字(全文3198文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。