World Watch(ワールド・ウオッチ)

「鳥が国民を監視してる」米国に現れた陰謀論の新潮流

古本陽荘・毎日新聞北米総局長
  • 文字
  • 印刷
ネットを通じて広がった(「バーズ・アーント・リアル」のサイト)
ネットを通じて広がった(「バーズ・アーント・リアル」のサイト)

 全米の全ての鳥は本物ではない──。そんな「陰謀論」が注目を集めている。「Z世代」と呼ばれる1990年代半ば以降に生まれた大学生ら若い世代の間で広まっている。ところが、この陰謀論は「大統領選で大規模な不正があった」といった近年のものとは本質的に違う。誰もこの陰謀論を信じていないからだ。米国で陰謀論が飛び交うなか、それをあざ笑うかのような風刺としての陰謀論なのだ。

「カモメからすぐに離れろ」

 「鳥たちは本物ではない」という意味の「バーズ・アーント・リアル(BIRDS AREN'T REAL)」の主張を簡潔にまとめると以下のようになる。1959年から2001年にかけて、米連邦政府は米国に生息するあらゆる鳥を駆除し、全てをドローン(無人機)に置き換えた。そのドローン鳥は米国人を監視するための装置だ──。

 全くの荒唐無稽(むけい)な作り話。ソーシャルメディア(交流サイト)の公式アカウントでは「カモメからすぐに離れろ。政府がソフトウエアをバージョンアップした。カモメに見られただけでクレジットカード番号を盗まれる」などと警鐘を鳴らしている。

始めたのは23歳の若者

 奇妙な現象は偶然、始まったという。始めたのはピーター・マッキンドー氏(23)という男性で、普段はこの陰謀論を大真面目にメディアに語っている。「首謀者を演じている」と言った方が適切かもしれない。米紙「ニューヨーク・タイムズ」に舞台裏を明かし、同紙のポッドキャストが今年2月にインタビューの一部を公開した。

 マッキンドー氏によると、17年、南部テネシー州メンフィスを訪れていた際、女性の権利向上を求めるデモ隊に出くわした。デモ隊の周りには、これに反発するトランプ前大統領の支持者が集まっていた。やがてこの二つのグループは口論になり、険悪な雰囲気になった。その時、「全く違う主張のデモをこの場で始めたら、どうなるか」と、ふと思った。単…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文1396文字)

古本陽荘

毎日新聞北米総局長

1969年生まれ。上智大文学部英文科卒、米カンザス大大学院政治学修士課程修了。97年毎日新聞入社。横浜支局、政治部、外信部を経て2018年12月から北米総局長(ワシントン)。