経済プレミアインタビュー

ロシア経済制裁「原油高より怖い」株価への打撃要因

平野純一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
ロシアによるウクライナ侵攻が株式市場を揺るがす(日経平均株価を示す株価ボード)=東京都中央区で2022年3月7日、宮武祐希撮影
ロシアによるウクライナ侵攻が株式市場を揺るがす(日経平均株価を示す株価ボード)=東京都中央区で2022年3月7日、宮武祐希撮影

ニッセイ基礎研究所・井出真吾氏に聞く

 ロシアによるウクライナ侵攻で西側各国はロシアへの厳しい経済制裁を行っている。株式市場にはどのような影響が考えられるのか。原油や小麦価格などの高騰は当然ダメージだが、ニッセイ基礎研究所の井出真吾・チーフ株式ストラテジストは「さらなる懸念もある」と話す。【聞き手は経済プレミア編集部・平野純一】

 ――ウクライナ情勢は厳しさを増し、株式市場も揺れています。

 ◆井出真吾さん このところ、東京株式市場はボラティリティー(変動率)の高い展開が続いています。ウクライナ侵攻がどのような決着になるかはプーチン露大統領次第で、誰にもわかりません。投資家も先が読めないので、しばらくは値動きの荒い展開が続くと思います。ロシア軍の撤退が最も良いシナリオですが、そう簡単ではないし、長期化すれば株価へのダメージは当然大きくなります。

もし中国が絡むと株価に大ダメージ

 ――ロシアへの経済制裁はやむを得ませんが、日本経済や株価への悪影響が心配されます。

 ◆原油や小麦価格の上昇はもちろん痛手ですが、影響は経済全般に及びます。ユニクロもついにロシア国内での販売を一時停止しましたし、…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1767文字)

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。