知ってトクするモバイルライフ

使ってみた第3世代「iPhone SE」5G対応とAI強化

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
3月18日に発売する第3世代の「iPhone SE」。デザインはiPhone 8を踏襲してコンパクト
3月18日に発売する第3世代の「iPhone SE」。デザインはiPhone 8を踏襲してコンパクト

 アップルが第3世代の「iPhone SE」を3月18日に発売する。半導体を強化し、高速通信規格の5Gに対応した。廉価モデルの位置づけで、価格は64ギガバイト(GB)版が5万7800円。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルも同日から扱う。発売に先立ち試用できたため、使用感をお伝えしたい。

デザインは第2世代を踏襲

 デザインは約2年前の2020年4月に発売した第2世代を完全に踏襲している。第2世代、第3世代ともに17年9月に登場した「iPhone 8」をベースにしたホームボタンがあるモデルだ。大型化が進む最近のスマートフォンの中ではコンパクトで、しっかり手になじむ。画面の端に指が届き、文字が打ちやすいのもメリットだ。

 ただ、画面の4.7インチは最近のスマホの中では小さい。縦の長さも、iPhoneの最新モデルと比べると短いので、1画面に表示できる情報量は少ない。サイトやメールを読む際にはスクロールすればいいが、新しいスマホに慣れていると、写真や動画を見る際に迫力が足りないと感じるかもしれない。

AI強化で逆光も自動処理

 心臓部の半導体は、21年9月に発売した「iPhone…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1436文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。