週刊エコノミスト Onlineから

立ち上がる新エネ市場「水素・アンモニア」で強い企業

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
伊藤忠商事が提供するノルウェー・ネル社の電解装置 伊藤忠提供
伊藤忠商事が提供するノルウェー・ネル社の電解装置 伊藤忠提供

 欧米に続き、日本政府も2020年10月に「2050年カーボンニュートラル(温室効果ガス実質ゼロ)宣言」を発表したことで、目標達成の手段となる水素・アンモニアに注目が集まっている。

 カーボンニュートラルの実現には、まず太陽光発電や風力発電を推進することが思い浮かぶ。しかし、国土が狭い日本は適地が限られること、自然エネルギーという変動の大きい電源をバックアップするためにも、水素・アンモニア発電による安定電源が求められている。また我々が消費するエネルギーは電力だけではなく、ガスなどの非電力の方がむしろ大きいため、この非電力分野を「ネットゼロ」(温室効果ガスの排出と除去が同量の状態)にしていくためにも、水素・アンモニアが鍵となる。

水素製造は主に海外

 水素は利用時に二酸化炭素(CO2)を排出しないエネルギーであり、その製造方法としては、(1)石炭や天然ガスなどの化石燃料を燃焼させてガスにし、そのガスの中から水素を取り出す方法と、(2)太陽光発電や風力発電により水を電気分解して製造する「グリーン水素」──がある。

 前者の化石燃料由来の水素は更に2種類に分かれる。製造過程で発生するCO2をそのまま排出してしまう方法で製造されたものを「グレー水素」、CO2を回収して地下に貯留したりする方法(CCUS=CO2の回収、利用、貯留)で製造されたものを「ブルー水素」と呼ぶ(図)。

 長期的に、太陽光発電や風力発電に余剰が生まれるようになれば、その余剰を活用したグリーン水素が最もクリーンであろうが、それまでの過渡期においては、海外の既存の化石燃料(天然ガ…

この記事は有料記事です。

残り3240文字(全文3915文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。