週刊エコノミスト Onlineから

「無添加だから安全」はNG 食品表示が制度大改正へ

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 食品の容器包装には、「乳化剤」「甘味料」「着色料」などの文字が記載されている。これらは食品添加物で、食品の食感や風味、外観を改良するために用いられている。「保存料」「酸化防止剤」はカビの抑制や保存性を良くするために使用する添加物だ。

 添加物の安全性については、内閣府の食品安全委員会や厚生労働省が慎重にチェックしており、「添加物を入れた食品も、添加物を使用しない食品と同じくらい安全」というのが国の見解だ。

 食品添加物は、加工食品の品質と安全性を安定させ、広域流通を可能にしているともいえるが、消費者の間では「食品添加物は健康に悪い」というイメージが根強く、添加物を避ける傾向がある。

 消費者庁は2019年度から「食品添加物表示制度」の改正を順次進めている。その狙いは、添加物に対する消費者の誤認をなるべくなくすことにある。

 誤認とは、例えば、科学的な根拠が不十分ななかで、「無添加だから安全」と表示すると、いたずらに安全性を強調することになり、消費者をあざむくことになるからだ。

 現行の食品添加物表示制度を逆手にとって、消費者をあざむくような表示が横行していることも、今回の制度改正の背景にある。

「人工」「合成」も削除

 消費者庁の「食品添加物表示制度に関する検討会」は20年3月、添加物表示のルール改正の大枠をまとめている。

 改正のポイントは、(1)「人工」「合成」と…

この記事は有料記事です。

残り2549文字(全文3135文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。