週刊エコノミスト Onlineから フォロー

プーチン論文「露とウクライナは一体」のご都合主義

週刊エコノミスト Online
ロシアからのウクライナの離反は今回で決定的となった Bloomberg
ロシアからのウクライナの離反は今回で決定的となった Bloomberg

 ロシアはなぜウクライナ侵攻というあまりに非合理な決定を下したのか。その本当の理由はプーチン大統領自身にしか分からないが、昨年7月にプーチン大統領が発表した論文「ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性について」に、そのヒントが隠されている。プーチン大統領が自身の名前で、ロシア大統領府(クレムリン)のウェブサイトに公開したものだ。

 この論文はかなり長大であるが、その内容は「歴史編」と「現代編」という二つのパートに分けることができる。前半の歴史編では、キエフ・ルーシ(9~13世紀のキエフ大公国)以来の1000年を超える歴史を概観したうえで、「ウクライナ人」という民族はソ連時代に作られたものに過ぎないというプーチン大統領の解釈が示されている。

 その中身をかいつまめば、(1)かつては大ロシア人、小ロシア人、白ロシア人と呼ばれた三つの支族からなるロシア民族が存在した、(2)ソ連時代の民族政策により、三つの支族はロシア人、ウクライナ人、ベラルーシ人という別の民族だという意識が「押し付けられた」──というものである。つまり、もともとは…

この記事は有料記事です。

残り2446文字(全文2912文字)

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。