知ってトクするモバイルライフ

HISモバイル 破格「月290円」これで採算とれるのか

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
月額290円からの新料金プランを導入するHISモバイル。写真は猪腰英知社長
月額290円からの新料金プランを導入するHISモバイル。写真は猪腰英知社長

 旅行会社大手のHISと、格安スマホの老舗の日本通信が合弁で設立した「HISモバイル」が、新料金プランを5月上旬から6月上旬に導入する。料金は、データ通信量が100メガバイト(MB)以下の場合、最安で月額290円。多くの利用者をカバーできそうな7ギガバイト(GB)プランも月990円で提供する。ここまで安い料金でHISモバイルは採算が取れるのか。

乗り換えのシニア層を狙う

 290円のプランはデータ容量によって料金が変動する。100MB未満の場合は290円で、100MB以上になると、1GBまで550円になる。スマホでアプリをダウンロードしたり、動画を見たりすると、すぐに100MBは超えてしまうが、データ通信をほとんど使わない人には割安な料金プランだ。シニア層など音声通話が中心の人にはお得な料金体系と言えるだろう。

 HISモバイルの狙いもここにある。今後は3Gの電波が徐々になくなっていくからだ。KDDIはすでに3月末で3Gのサービスを終了し、ソフトバンクは24年1月、NTTドコモは26年3月に終了する予定。通話が中心の利用者も4G、5Gに移る。今後4年間で乗り換え需要が拡大するとみられる。

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1390文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。