週刊エコノミスト Onlineから

テキサス州オースティン テスラの巨大工場を見た

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
建設中のテスラ工場「ギガテキサス」2022年4月、テキサス州オースティン) 筆者撮影
建設中のテスラ工場「ギガテキサス」2022年4月、テキサス州オースティン) 筆者撮影

 米テキサス州都オースティンの東側を南北に縦断する有料道路を走っていたところ、それまでスムーズだった車の流れが突如滞った。「事故でも起きたのだろうか」と見回してみると、そこにあったのは広漠とした平地に不似合いなコンクリートとガラスの超巨大な建物(写真)。

 米電気自動車(EV)大手テスラが建設している話題の新大型工場「ギガテキサス」を一目見ようと、皆スピードを落としていたことが渋滞の要因だった。

 同工場ではすでにスポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルY」の一部生産が始まっているほか、今後はピックアップトラック「サイバートラック」や大型トラック「セミ」なども生産される計画だ。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は昨年12月にツイッターの投稿で、「長期的な投資額は100億ドル(1兆2250億円)を超え、少なくとも2万人の直接雇用と10万人の間接雇用を生み出す」と述べた。

「シリコンヒルズ」

 加えて、テスラは昨秋に本社もカリフォルニア州パロアルトからオースティンに移転し、マスク氏自身も同市に居を移した。本社移転の直接的な引き金となったのはコロナ禍での工場操業停止をめぐる地元当局との対立…

この記事は有料記事です。

残り3344文字(全文3842文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。