人生100年時代のライフ&マネー

スマホで簡単「年金シミュレーター」定期便との違いは

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 将来受け取る公的年金見込み額をスマートフォンで簡単に試算できる「公的年金シミュレーター」を厚生労働省が開発し、2022年4月25日に試験運用を始めた。年金額は働き方によって変わるが、現役時代はイメージがつかみにくい。シミュレーターは状況に応じた年金額の変化を「見える化」するため、老後資産づくりを考えるうえの基礎ツールになりそうだ。

「ねんきん定期便」と「ねんきんネット」

 将来の年金額がどれぐらいか知りたいというニーズは高い。厚労省「公的年金加入状況等調査(19年)」によると、20~50代の「公的年金について知りたいこと」(複数回答可)は「自分の年金額見込み」が80%とダントツだ。

 それを確認するには二つの方法があった。

 ひとつは、09年からの「ねんきん定期便」だ。年金記録を示す書類で毎年誕生月に日本年金機構から届く。

 50歳未満では、それまでの加入実績に基づいて受け取れる額を記載する。額は少なくても、その後も働いて保険料を納めれば、額は増えることになる。50歳以上では、現状の年金加入を60歳まで続けた場合の額の目安を記載している。

 もうひとつは、11年に始まった日本年金機構のネットサービス「ねんきんネット」だ。いつでも加入記録が確認できるうえ、働き方を変えたり、未納保険料を納付したりした場合などをシミュレーションして見込み額を細かく試算できる。

 また、年金受給開始は原則65歳だが、60~75歳の間から選択でき、早めに受け取るほど額は減り、遅く受け取るほど額が増える。こうした繰り上げ・繰り下げも試算できる。

 ねんきんネットを使うには(1)マイナンバーカードを取得して、政府ポー…

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文2161文字)

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。