週刊エコノミスト Onlineから

どれだけ知ってる?米国の軍需企業主要5社を解剖する

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
Bloomberg
Bloomberg

 戦闘機やミサイル、潜水艦から通信システムまで、米国の防衛企業はさまざまな製品を開発している。その大手5社をピックアップした(企業名の後のカッコ内はティッカーコード)。

世界トップの規模誇る ロッキード・マーチン(LMT)

 軍事産業では世界第1位の規模を誇り、航空機、ロケット、人工衛星、ミサイル、船舶などの開発製造を手掛ける老舗企業。前身のロッキード・コーポレーションは1912年の創業で、95年に航空機メーカー、マーチン・マリエッタと合併して現在の形に。第5世代ステルス戦闘機F22やF35の製造元であり、有力製品のジャベリン対戦車ミサイルはウクライナ戦線において、ロシア軍戦車や装甲車の撃破に大活躍した。

 2021年12月期の売上総額670億ドルの71%を米国防総省から受注したほか、28%を世界各国への兵器輸出で売り上げる多国籍企業。過去5年ほどで外国軍向け契約が増えている。売り上げの27%を占めるF35は主力事業であり、この先数年にわたる受注を確保。年間150機前後を米軍や他国軍に納める安定した収益源だ。

 そのほか、92年に米ゼネラル・ダイナミクスから買収した戦闘機部門で、いまだ現役の第4世代F16戦闘機をはじめ、広域防空パトリオット地対空ミサイル、米原子力潜水艦搭載の核弾頭付きトライデント弾道ミサイル、防空戦闘艦に使われるイージス武器システムも手掛ける。同社のミサイル防衛システ…

この記事は有料記事です。

残り2331文字(全文2929文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。