経済プレミア・トピックス

世界の株式市場に広がる「予測できない下落の恐怖」

平野純一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
米国株は下落に転じる(ニューヨーク証券取引所)=2022年5月20日、AP
米国株は下落に転じる(ニューヨーク証券取引所)=2022年5月20日、AP

 「今、おカネをどこに置いておくべきか、機関投資家は本当に困っている」。マネックス証券の大槻奈那・専門役員チーフ・アナリストはそう語る。株や為替など世界のマーケットは急速に「リスクオフ」(リスクを取ることを控える)に動いている。

 新型コロナウイルスの感染拡大に加え、ロシアのウクライナ侵攻、中国のゼロコロナ政策の行き詰まり、米欧を中心に世界的に高まるインフレと、それに対する米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締め--など、市場を揺るがす不安定要素が多く、マーケットの先を読めなくなっているのだ。

FRBの利上げペースはどうなるか

 そのような中、米国株が下落に転じている。ダウ工業株30種平均は週単位で見て、5月20日の終値3万1261ドルが90年ぶりの8週連続の下げという歴史的なものになった。

 ダウは、新型コロナ対策の大量の資金供給も追い風にして上昇。コロナ後の底値1万8591ドル(2020年3月23日)から、今年1月4日には過去最高値の3万6799ドルをつけて約2倍に上昇した。しかしこの2カ月で約1割下落。上昇トレンドにも転機が訪れているようだ。

 株価に対する投資家の不安心理を示す「VIX指数(恐怖指数)」は5月以降、25~35のレンジで推移している。「VIX指数が20を超えると不安定な状態。今は積極的に買いにいける状態にはない」とニッセイ基礎研究所の井出真吾・チーフ株式ストラテジストは見る。

 米国株下落の直接的な要因は、8%を超えた米国の歴史的な高インフレに対するFRBの金融引き締めだ。

 FRBは3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で2年ぶりにゼロ金利政策を解除。5月4日の…

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1938文字)

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。