人生に必要な「おカネの設計」

50代からの老後資産作り「イデコ活用」の基本とは

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 会社員のA雄さん(52)は、老後資金作りのため、個人型確定拠出年金「イデコ(iDeCo)」の口座を開設しました。イデコは65歳になるまで積み立て投資ができますが、若い人に比べると運用期間が限られるため「どんな運用商品を選べばよいか迷っている」といいます。どう考えればいいでしょうか。

充実老後のための「リタイアメントプラン」

 1970年生まれの人が90歳まで生存する確率は男性が4割、女性は7割あります。「人生100年時代」を見据え、リタイア後も充実した生活を過ごすには、その生活設計「リタイアメントプラン」を立てて準備する必要があります。

 自分らしく生きる暮らしを思い描き、そのための支出を見積もると、どのくらいの資金が必要なのかがわかります。特に、定年が視野に入る50代は、リタイアメントプランを具体的に立てることができる時期です。

 リタイア後は一般に、公的年金に加え、自助努力でためた資金を取り崩して生活します。50歳以上の「ねんきん定期便」には現在の年収のまま60歳まで働き続けた場合の受給見込み額が示されます。また、会社が定年前の社員向けに開く「リタイアメントセミナー」では退職金見込み額を知ることができます。

 リタイアメントプランを立てる際は「キャッシュフロー(CF)表」が役立ちます。CF表とは、将来に向けて、毎年の収入・支出の予想額を記入する表で、今後のお金の動きを数字で確認できるようになります。ぜひ100歳までのCF表を作ってみましょう。

 将来のインフレや賃金の増減を正確につかむことは難しいため、CF表はあくまで現時点での見通しですが、実際に作ってみると、多くの人が人生の終盤で貯蓄が底をつく結…

この記事は有料記事です。

残り1695文字(全文2403文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。