なるほど電車ニュース フォロー

JR東日本など続々表明 来春から鉄道運賃が上がる理由

土屋武之・鉄道ライター
ホームドアが整備済みの小田急線登戸駅。写真は特急の通過中
ホームドアが整備済みの小田急線登戸駅。写真は特急の通過中

 鉄道のバリアフリー化のための加算運賃が2023年春にも始まる。

 国土交通省は昨年5月の閣議決定を受け、バリアフリー化のための新料金制度を創設すると年末に発表。すべての鉄道利用者に「薄く広く負担してもらう制度」と説明していた。バリアフリー料金とも呼ばれ、現行運賃に加算した分は鉄道各社が該当設備の新設・拡充に使う。

 この政府方針を受け、関東・関西の多くの鉄道会社がバリアフリー料金の導入と、バリアフリー化推進の方針を発表している。関東ではJR東日本、小田急電鉄、西武鉄道、東京メトロなど。関西では阪急電鉄、阪神電気鉄道、京阪電気鉄道、大阪メトロなどだ。バリアフリー化は各社とも昔から対応に努めてきたことだが、加算運賃の導入によってさらに前進することが期待される。

ホームドアなどの設置がさらに進む

 バリアフリー化の実施内容は、ホームドアの設置や段差の解消など各社を見渡しても大同小異だ。ただ今回を機に、他社に後れをとっていた部分を重点促進する会社もある。

 例えば小田急電鉄では、新百合ケ丘駅や町田駅、本厚木駅などでホームドアの設置が遅れていた。いずれも優先整備を行う基準だった1日平均の利用客が10万人(18年度)を超える駅だ。これらの駅では、乗降扉の位置が大きく異なる特急ロマンスカーと通勤型電車が同じホームを使っていることもあり、どのようなホームドアを設…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1567文字)

鉄道ライター

1965年、大阪府豊中市生まれ。大阪大学で演劇学を専攻し、劇作家・評論家の山崎正和氏に師事。出版社勤務を経て97年に独立し、ライターに。2004年頃から鉄道を専門とし、雑誌「鉄道ジャーナル」のメイン記事などを担当した。東日本大震災で被災した鉄道路線の取材を精力的に行うほか、現在もさまざまな媒体に寄稿している。主な著書に「ここがすごい!東京メトロ」(交通新聞社)、「きっぷのルール ハンドブック」(実業之日本社)など。