上田諭

上田諭

東京医療学院大学教授

うえだ・さとし 京都府生まれ。関西学院大学社会学部では福祉専攻で精神医学のゼミで学ぶ。卒後、朝日新聞に記者で入社したが、途中から内勤の編集部門に移され「うつうつとした」日々。「人生このままでは終われない」と、もともと胸にくすぶっていた医学への志向から1990年、9年勤めた新聞社を退社し北海道大学医学部に入学(一般入試による選抜)。96年に卒業、東京医科歯科大学精神神経科の研修医に。以後、都立の高齢者専門病院を中心に勤務し、「適切でない高齢者医療」の現状を目の当たりにする。2007年、高齢者のうつ病治療に欠かせない電気けいれん療法の手法を学ぶため、米国デューク大学メディカルセンターで研修し修了。同年から日本医科大学(東京都文京区)精神神経科助教、11年から講師、17年4月より東京医療学院大学保健医療学部教授。北辰病院(埼玉県越谷市)では、「高齢者専門外来」を行っている。著書に、「治さなくてよい認知症」(日本評論社、2014)、「不幸な認知症 幸せな認知症」(マガジンハウス、2014)、訳書に「精神病性うつ病―病態の見立てと治療」(星和書店、2013)、「パルス波ECTハンドブック」(医学書院、2012)など。

専門家・執筆者記事 49件

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
新型コロナワクチンの接種を受ける看護師=京都市伏見区の国立病院機構京都医療センターで2021年2月19日午後1時1分、代表撮影

新型コロナ 不可避でも立ち向かうワクチン差別

 最近、ある患者さんから次のような相談を受けました(プライバシー確保の観点から詳細にアレンジを加えています)。 患者さんは、以前か…

無難に生きる方法論

高齢になったときの家族の負担を考えよう

 2019年、福井県で義理の父母と夫を殺害したとして71歳の妻が逮捕されました。実際は3人の介護を一手に引き受けていた妻が介護疲れ…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
閑散とした関西国際空港第1ターミナルの国際線出発エリア。客は帰国する人4人だけだった=大阪府で2021年1月21日午後0時28分、鶴見泰寿撮影

新型コロナ ワクチンを「パスポート」にする弊害

 現在米国では、新型コロナウイルスのワクチンが3種類承認されています。ワクチンの製造元は、モデルナ社、ファイザー社など、そしてジョ…

理由を探る認知症ケア
 

Nさんが笑顔でヘルパーと買い物に出かけるわけ

 ◇朝から晩まで働いていたNさん Nさん(80代・女性)は、うどんの製麺所を営む男性と結婚し、朝から工場の仕事を手伝い、仕事が終わ…

超高齢化時代を生きるヒント
 

新型コロナ 第2波は重症者が少ないのか?

 私は、主に地域で高齢者を対象にした医療を提供している医療職です。ですから、3~4月の新型コロナウイルスの第1波に比較して、今回の…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア