上田諭

上田諭

東京医療学院大学教授

うえだ・さとし 京都府生まれ。関西学院大学社会学部では福祉専攻で精神医学のゼミで学ぶ。卒後、朝日新聞に記者で入社したが、途中から内勤の編集部門に移され「うつうつとした」日々。「人生このままでは終われない」と、もともと胸にくすぶっていた医学への志向から1990年、9年勤めた新聞社を退社し北海道大学医学部に入学(一般入試による選抜)。96年に卒業、東京医科歯科大学精神神経科の研修医に。以後、都立の高齢者専門病院を中心に勤務し、「適切でない高齢者医療」の現状を目の当たりにする。2007年、高齢者のうつ病治療に欠かせない電気けいれん療法の手法を学ぶため、米国デューク大学メディカルセンターで研修し修了。同年から日本医科大学(東京都文京区)精神神経科助教、11年から講師、17年4月より東京医療学院大学保健医療学部教授。北辰病院(埼玉県越谷市)では、「高齢者専門外来」を行っている。著書に、「治さなくてよい認知症」(日本評論社、2014)、「不幸な認知症 幸せな認知症」(マガジンハウス、2014)、訳書に「精神病性うつ病―病態の見立てと治療」(星和書店、2013)、「パルス波ECTハンドブック」(医学書院、2012)など。

専門家・執筆者記事 35件

イチ押しコラム

医をめぐる情景
高齢者が生き生きと暮らす街として知られる東京・巣鴨

「男たちの旅路」が問うた老いへの敬意

 ◇NHKドラマ「男たちの旅路 シルバー・シート」(1977年) 高齢者は、若いころに比べれば弱くもろい。活動は緩慢になり、思考力…

超高齢化時代を生きるヒント

高齢者を守る最善の手「入院より生活ケア」

 前回と前々回は介護施設の話を書きました。また、その前の回ではホームヘルパーという職種が、実は医師よりも圧倒的に少ない実態をお伝え…

無難に生きる方法論
25メートル先の的を狙うピストル射撃競技

手の震えに効く「ベータ遮断剤」は五輪禁止薬物

 緊張すると手が震えて、がんばって止めようとすればするほど余計に震えが強くなる患者さんがいる。手以外にも、震えが顔面や舌に表れるこ…

Dr.林のこころと脳と病と健康

逮捕されても制御不能の衝動…セックス依存

「やめられない」の先にある破滅 依存症【3】 自分がセックス依存ではないかと悩む26歳独身女性のお話です。奔放な女性の性行動は依存…

人類史からひもとく糖質制限食

新たな糖尿病透析患者「日本で倍増」の危機

 前回の「糖尿病合併症 『米国で減』『日本で増』のなぜ」で、米国では糖尿病合併症の対策が成功しており、日本では成功しているとは言え…

旅と病の歴史地図

命つなぐ国際緊急搬送 渡航時の心得は

 ◇空飛ぶ救急車 渡航医学が提供する医療の一つに国際緊急搬送があります。 海外滞在中に病気になってしまった人を、より医療レベルの高…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア