内村直尚

内村直尚

久留米大学教授

うちむら・なおひさ 1982年、久留米大学卒業。86年に久留米大学大学院医学研究科修了(医学博士)後、87年5月~89年4月に米国Oregon Health Science Universityへ留学。帰国後、久留米大医学部神経精神医学講座の助手、講師、助教授を経て、2007年4月から同講座教授に就任した。11年4月~13年3月、久留米大学病院副病院長。12年4月から久留米大学高次脳疾患研究所長、13年4月から同大医学部長を務め、16年10月からは同大副学長も兼務する。国内トップレベルの睡眠医療チームを率いる睡眠研究の第一人者。著書(分担執筆)に「睡眠学」(朝倉書店)、「プライマリ・ケア医のための睡眠障害」(南山堂)など。

専門家・執筆者記事 5件

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
25メートル先の的を狙うピストル射撃競技

手の震えに効く「ベータ遮断剤」は五輪禁止薬物

 緊張すると手が震えて、がんばって止めようとすればするほど余計に震えが強くなる患者さんがいる。手以外にも、震えが顔面や舌に表れるこ…

医をめぐる情景
映画「時をかける少女」のロケ地となった広島県尾道市

ヒロイン原田知世の記憶を変えたのは「解離」?

 ◇映画「時をかける少女」(1983年) だれでも、ある記憶がなくなったり、混乱したりするときがある。それは、健康な状態で起こるこ…

Dr.林のこころと脳と病と健康

逮捕されても制御不能の衝動…セックス依存

「やめられない」の先にある破滅 依存症【3】 自分がセックス依存ではないかと悩む26歳独身女性のお話です。奔放な女性の性行動は依存…

人類史からひもとく糖質制限食

新たな糖尿病透析患者「日本で倍増」の危機

 前回の「糖尿病合併症 『米国で減』『日本で増』のなぜ」で、米国では糖尿病合併症の対策が成功しており、日本では成功しているとは言え…

旅と病の歴史地図

命つなぐ国際緊急搬送 渡航時の心得は

 ◇空飛ぶ救急車 渡航医学が提供する医療の一つに国際緊急搬送があります。 海外滞在中に病気になってしまった人を、より医療レベルの高…

超高齢化時代を生きるヒント
高齢の入所者の就寝を手伝う女性介護士

二度と自宅に戻れない“施設介護のジレンマ”

 「○○さん、今度施設への入所を考えていらっしゃるのですね?」 「……え?」 その脇で、○○さんの家族とケアマネジャーさんが、話題…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア