及川純子

及川純子

手稲渓仁会病院小児科医長/北海道大学大学院客員研究員

おいかわ・じゅんこ 千葉大学医学部卒業。日本赤十字社医療センター、千葉大学医学部付属病院などを経て、2017年4月より手稲渓仁会病院小児科医長。小児科医として勤務する傍ら、アレルギーや感染症に興味を持ち、また予防医学の重要性を感じ、14年から北海道大学大学院で小児感染症や糖尿病に関する疫学研究を行ってきた。17年4月より北海道大学大学院医学研究院・医学院社会医学分野客員研究員。自身も2児の育児中。北海道大学COI「食と健康の達人」拠点で、北海道岩見沢市の妊産婦とその子どもを対象としたコホート研究に携わっている。

専門家・執筆者記事 8件

イチ押しコラム

医をめぐる情景
映画「Love Letter」主演の中山美穂さん

時を経て予期せず届く医師の「ラブレター」

 ◇映画「Love Letter」(1995年) 人生ではまれに、思いが伝わる知らせが予期せず届くことがある。 70代の男性の言動…

旅と病の歴史地図

海外旅行中は薬に注意 偽薬や強い副作用も

 ◇マラリアの薬はインディオの秘薬 旅先で病気になると、まずは薬を飲んでその場をしのぐ人が多いと思います。その場しのぎで使った薬が…

無難に生きる方法論

生涯未婚率上昇でこれから増える「親ロス」

 私の男性更年期外来には、50歳前後の働き盛りの男性がたくさんやってくる。そしてその多くが仕事と家庭のダブルのストレスでうつ状態に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

「自分は違う」は要注意…アルコール依存症

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【5】 たった4問ですので、お答えになってみてください。どれも「はい」か「いいえ」の単純…

人類史からひもとく糖質制限食

全医学生が学ぶ漢方と西洋医学 両立が最良

 私は、漢方医として東洋医学に携わり、西洋医として西洋医学にも携わっています。なぜ両方の医療に携わるのか。今回は、その理由をお話し…

超高齢化時代を生きるヒント

「訪問介護員減少」が首都圏高齢者を直撃する

 「足、痛いんですね、かわいそうに……」--。 つぶやくような声の方を見ると、リウマチで変形した高齢女性の足をいとおしそうにさすり…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア