大城和恵

大城和恵

北海道大野記念病院医師/国際山岳医

おおしろ・かずえ 1967年長野県生まれ。医学博士、山岳医療修士。日本大学医学部卒業後、循環器内科医として約10年間の付属病院勤務を経て、「山での遭難者を助けたい」という思いを募らせて本格的に山岳医療の勉強を始める。98年、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ(5895m)に登頂。心臓血管センター大野病院(現・北海道大野記念病院)を拠点に診療を続けるが、09年に退職し渡英。1年をかけて日本人として初めて「UIAA(国際山岳連盟)/ICAR(国際山岳救助協議会)/ISMM(国際登山医学会)認定国際山岳医」の資格を取得した。現在は同病院の循環器内科・内科および登山外来で勤務するかたわら、北海道警察山岳遭難救助隊のアドバイザーも務める。遭難実態を知り、現在遭難しないための医療情報、心臓死の予防、高所登山のアドバイス、ファーストエイド技術の講習会主宰など、山と登山に関する多方面で活躍する。13年には三浦雄一郎さんのエベレスト遠征隊にチームドクターとして参加した。自身もマッキンリー、マッターホルン、マナスル(世界第8位)登頂など海外を含む豊富な登山歴を持つ。

専門家・執筆者記事 16件

イチ押しコラム

医をめぐる情景
映画「Love Letter」主演の中山美穂さん

時を経て予期せず届く医師の「ラブレター」

 ◇映画「Love Letter」(1995年) 人生ではまれに、思いが伝わる知らせが予期せず届くことがある。 70代の男性の言動…

旅と病の歴史地図

海外旅行中は薬に注意 偽薬や強い副作用も

 ◇マラリアの薬はインディオの秘薬 旅先で病気になると、まずは薬を飲んでその場をしのぐ人が多いと思います。その場しのぎで使った薬が…

無難に生きる方法論

生涯未婚率上昇でこれから増える「親ロス」

 私の男性更年期外来には、50歳前後の働き盛りの男性がたくさんやってくる。そしてその多くが仕事と家庭のダブルのストレスでうつ状態に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

「自分は違う」は要注意…アルコール依存症

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【5】 たった4問ですので、お答えになってみてください。どれも「はい」か「いいえ」の単純…

人類史からひもとく糖質制限食

全医学生が学ぶ漢方と西洋医学 両立が最良

 私は、漢方医として東洋医学に携わり、西洋医として西洋医学にも携わっています。なぜ両方の医療に携わるのか。今回は、その理由をお話し…

超高齢化時代を生きるヒント

「訪問介護員減少」が首都圏高齢者を直撃する

 「足、痛いんですね、かわいそうに……」--。 つぶやくような声の方を見ると、リウマチで変形した高齢女性の足をいとおしそうにさすり…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア