病気を知る

女性のためのおしりのはなし

野澤真木子 / 日本橋レディースクリニック院長

誰しも一度や二度は経験したことがある「おしり」のトラブル。特に女性の場合、便秘、下痢をはじめ、妊娠、出産をきっかけに起きがちな痔や排便障害など、さまざまな症状に悩みつつ、誰にも相談できずつらい思いをした人は多いだろう。さらに「恥ずかしい」「どんな診察なのか分からず不安」などの理由で、医療機関の受診をためらい、大腸がんなどの重大な疾患を見逃すリスクも指摘される。「女性の受診しやすさ」を徹底的に追求した女性専門肛門外科・胃腸内科クリニックの女性院長が、豊富な臨床経験をもとに、女性が美しく、快適に暮らすために必須の「おしりの健康」について広く、深く解説する。

連載記事 9件

イチ押しコラム

医をめぐる情景
映画「Love Letter」主演の中山美穂さん

時を経て予期せず届く医師の「ラブレター」

 ◇映画「Love Letter」(1995年) 人生ではまれに、思いが伝わる知らせが予期せず届くことがある。 70代の男性の言動…

旅と病の歴史地図

海外旅行中は薬に注意 偽薬や強い副作用も

 ◇マラリアの薬はインディオの秘薬 旅先で病気になると、まずは薬を飲んでその場をしのぐ人が多いと思います。その場しのぎで使った薬が…

無難に生きる方法論

生涯未婚率上昇でこれから増える「親ロス」

 私の男性更年期外来には、50歳前後の働き盛りの男性がたくさんやってくる。そしてその多くが仕事と家庭のダブルのストレスでうつ状態に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

「自分は違う」は要注意…アルコール依存症

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【5】 たった4問ですので、お答えになってみてください。どれも「はい」か「いいえ」の単純…

人類史からひもとく糖質制限食

全医学生が学ぶ漢方と西洋医学 両立が最良

 私は、漢方医として東洋医学に携わり、西洋医として西洋医学にも携わっています。なぜ両方の医療に携わるのか。今回は、その理由をお話し…

超高齢化時代を生きるヒント

「訪問介護員減少」が首都圏高齢者を直撃する

 「足、痛いんですね、かわいそうに……」--。 つぶやくような声の方を見ると、リウマチで変形した高齢女性の足をいとおしそうにさすり…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア