小野沢滋

小野沢滋

みその生活支援クリニック院長

おのざわ・しげる 1963年相模原市生まれ。90年東京慈恵会医科大学医学部卒業。在宅医療をライフワークにしようと、同年から亀田総合病院(千葉県鴨川市)に在籍し、99年同病院の地域医療支援部長に就任。22年間、同病院で在宅医療を中心に緩和医療や高齢者医療に携わってきた。2012年に北里大学病院患者支援センター部副部長を経て、13年に同トータルサポートセンター長に就任。同病院の入院患者に対して、退院から在宅医療へスムーズに移行できるよう支援してきた。16年相模原市内で在宅医療専門の「みその生活支援クリニック」を開設。亀田総合病院在宅医療部顧問。日本在宅医学会認定専門医。プライマリケア連合学会認定医、日本緩和医療学会暫定指導医。日本在宅医学会前理事。日本医療社会福祉協会理事。一般法人社団エンドライフケア協会理事。相模原町田医療介護圏インフラ整備コンソーシアム代表。

専門家・執筆者記事 17件

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
献血する男性

調査で判明 白血病ウイルスは各地で感染拡大中

 かつては縄文人だけが感染していたという説のある「成人T細胞白血病型ウイルス1型(HTLV-1)」。一時は、母子感染対策が徹底され…

超高齢化時代を生きるヒント
 

社会が想定しなかった「未婚高齢者増加」の衝撃

 「うちの息子はまだ独り身でね、困ってしまって。でもよく面倒を見てくれるから感謝していますよ」 在宅医療をしているとこのような話を…

無難に生きる方法論
ひきこもりの相談に当たる専門職員=新潟県柏崎市で2019年6月5日

ひきこもりに悩む親の一番の願いは「死なないで」

 5月28日、川崎市多摩区でひきこもり男性が小学生らを刃物で襲い、2人が死亡、18人が重軽傷を負う事件が起きた。容疑者が自分で命を…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂を嫌がる」ように見えたNさんの大事な習慣

 ◇お風呂場に行くとなぜか怒り出すNさん アルツハイマー型認知症が少しあるNさん(82歳・女性)は、年齢を重ねて骨がもろくなって圧…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 

米高校生を誘惑する「電子たばこ」に危険性の指摘続々

 米国では、電子たばこを吸うことを俗に「ジューリング(Juuling)」とも呼びます。ジュール(Juul)は、ある電子たばこのブラ…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア