病気を知る

幸せな認知症

上田諭 / 東京医療学院大学教授

認知症にどんなイメージを持つだろうか。悲惨な病、介護は大変な労苦…と捉えられがちなのでは? 筆者は元朝日新聞記者で、著書「治さなくてよい認知症」が話題を呼んだ認知症の専門医。忘れてもいい。できなくてもいい――。発想の転換が本人を幸せにし、介護をする人々をも幸せにする。MCI(軽度認知障害)や認知症と診断された方が、希望を持ってよりよく生きるためのアドバイスを掲載。

連載記事 12件

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
献血する男性

調査で判明 白血病ウイルスは各地で感染拡大中

 かつては縄文人だけが感染していたという説のある「成人T細胞白血病型ウイルス1型(HTLV-1)」。一時は、母子感染対策が徹底され…

超高齢化時代を生きるヒント
 

社会が想定しなかった「未婚高齢者増加」の衝撃

 「うちの息子はまだ独り身でね、困ってしまって。でもよく面倒を見てくれるから感謝していますよ」 在宅医療をしているとこのような話を…

無難に生きる方法論
ひきこもりの相談に当たる専門職員=新潟県柏崎市で2019年6月5日

ひきこもりに悩む親の一番の願いは「死なないで」

 5月28日、川崎市多摩区でひきこもり男性が小学生らを刃物で襲い、2人が死亡、18人が重軽傷を負う事件が起きた。容疑者が自分で命を…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂を嫌がる」ように見えたNさんの大事な習慣

 ◇お風呂場に行くとなぜか怒り出すNさん アルツハイマー型認知症が少しあるNさん(82歳・女性)は、年齢を重ねて骨がもろくなって圧…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 

米高校生を誘惑する「電子たばこ」に危険性の指摘続々

 米国では、電子たばこを吸うことを俗に「ジューリング(Juuling)」とも呼びます。ジュール(Juul)は、ある電子たばこのブラ…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア