津村圭

津村圭

府中病院総合診療センター長

つむら・けい 大阪府出身。1977年大阪市立大学医学部を卒業後、国立循環器病センター(現・国立循環器病研究センター)に心臓内科レジデントとして勤務。その後の28年間は大阪市立大学医学部教員として、学部学生、大学院学生、研修医、指導医、教員の指導と医学部カリキュラムの企画と作成に携わった。診療面では循環器内科をベースとしつつ、早い時期から原因疾患の判別が困難な症例で、診断を担当する総合診療医として従事。研究面では、各種疾病のリスクファクターについての臨床疫学研究を行い、ランセット(Lancet)など欧米医学誌で発表してきた。2014年1月から現職。総合診療医として地域医療に関わるとともに、初期、後期研修医の指導を担当、臨床研修室顧問も兼任する。地域医療を充実させるため院内に家庭医療専門医後期研修プログラムを立ち上げるなど、診療と教育をリンクさせた活動を現在も続けている。府中病院ウェブサイト

専門家・執筆者記事 26件

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
インフルエンザワクチンの接種を受ける男性

インフルのワクチンは「弱者を守るため」に打つ

 ◇知っているようで、ほとんど知らない風邪の秘密(20) 今年は早くも、沖縄県や九州、そして東京都などでインフルエンザがはやり始め…

無難に生きる方法論
 

音楽や読書が女性の認知症リスクを下げるって本当?

 最近、認知症に関して観察期間の長い論文が次々と発表されている。認知症のように慢性的でゆっくり進行する病気の場合、認知症と診断され…

理由を探る認知症ケア
 

「帰る!」と怒り出すSさんが本当に見ていたもの

 ◇Sさんはなぜ早く帰りたがるのか? 元技術者のSさん(89歳)は妻に先立たれて以降、長男の家族と暮らしていました。アルツハイマー…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 

やせたい人の運動は「夕方よりも朝がよい」?

 「運動は最高の薬」と言われます。すでに2500年近く前、紀元前400年代の古代ギリシャで、「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスは、…

超高齢化時代を生きるヒント
 

「どこで生きるか」を決めるのは医師でなくあなた

「あなたは、もう自宅には帰れません」「自宅退院は無理ですよ。療養型病院に行きましょうね」「母が倒れてしまうので、父を入院させてくだ…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア