石蔵文信

石蔵文信

大阪大学招へい教授

いしくら・ふみのぶ 1955年京都生まれ。三重大学医学部卒業後、国立循環器病センター医師、大阪厚生年金病院内科医長、大阪警察病院循環器科医長、米国メイヨー・クリニック・リサーチフェロー、大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻准教授などを経て、2013年4月から17年3月まで大阪樟蔭女子大学教授、17年4月から大阪大学人間科学研究科未来共創センター招へい教授。循環器内科が専門だが、早くから心療内科の領域も手がけ、特に中高年のメンタルケア、うつ病治療に積極的に取り組む。01年には全国でも先駆けとなる「男性更年期外来」を大阪市内で開設、性機能障害の治療も専門的に行う(眼科イシクラクリニック)。夫の言動への不平や不満がストレスとなって妻の体に不調が生じる状態を「夫源病」と命名し、話題を呼ぶ。また60歳を過ぎて初めて包丁を持つ男性のための「男のええ加減料理」の提唱、自転車をこいで発電しエネルギー源とする可能性を探る「日本原始力発電所協会」の設立など、ジャンルを超えたユニークな活動で知られる。「妻の病気の9割は夫がつくる」「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略」など著書多数。

専門家・執筆者記事 65件

イチ押しコラム

医をめぐる情景
高齢者が生き生きと暮らす街として知られる東京・巣鴨

「男たちの旅路」が問うた老いへの敬意

 ◇NHKドラマ「男たちの旅路 シルバー・シート」(1977年) 高齢者は、若いころに比べれば弱くもろい。活動は緩慢になり、思考力…

超高齢化時代を生きるヒント

高齢者を守る最善の手「入院より生活ケア」

 前回と前々回は介護施設の話を書きました。また、その前の回ではホームヘルパーという職種が、実は医師よりも圧倒的に少ない実態をお伝え…

無難に生きる方法論
25メートル先の的を狙うピストル射撃競技

手の震えに効く「ベータ遮断剤」は五輪禁止薬物

 緊張すると手が震えて、がんばって止めようとすればするほど余計に震えが強くなる患者さんがいる。手以外にも、震えが顔面や舌に表れるこ…

Dr.林のこころと脳と病と健康

逮捕されても制御不能の衝動…セックス依存

「やめられない」の先にある破滅 依存症【3】 自分がセックス依存ではないかと悩む26歳独身女性のお話です。奔放な女性の性行動は依存…

人類史からひもとく糖質制限食

新たな糖尿病透析患者「日本で倍増」の危機

 前回の「糖尿病合併症 『米国で減』『日本で増』のなぜ」で、米国では糖尿病合併症の対策が成功しており、日本では成功しているとは言え…

旅と病の歴史地図

命つなぐ国際緊急搬送 渡航時の心得は

 ◇空飛ぶ救急車 渡航医学が提供する医療の一つに国際緊急搬送があります。 海外滞在中に病気になってしまった人を、より医療レベルの高…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア