銅冶英雄

銅冶英雄

お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック院長

どうや・ひでお 1994年日本医科大学卒業後、千葉大学付属病院、成田赤十字病院、国立がんセンター中央病院、千葉県立こども病院、千葉リハビリテーションセンターなどで勤務。豪州ベッドブルック脊椎ユニット留学などを経て、2010年、お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック(東京都)を開院。その間、04年には国際腰椎学会日本支部賞、05年には国際腰椎学会・学会賞を受賞した。20歳の頃からぎっくり腰を繰り返し、腰痛がくせになっていた体験を生かし、運動療法、靴、栄養療法を組み合わせて体の痛みを根本的に取る治療法を考案してきた。医学博士、米国公認足装具士。著書に「腰の脊柱管狭窄症が革新的自力療法痛みナビ体操で治った!」(わかさ出版)、「頸椎症を自分で治す!」(主婦の友社)、「腰・首・肩の激痛がみるみる消える!奇跡の自力療法『背中ほぐし体操』」(宝島社)など多数。

専門家・執筆者記事 21件

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
東京は梅雨明けとともに強い日差しが照りつけ、猛暑に見舞われている=東京都中央区で2021年7月16日、幾島健太郎撮影

東京の暑さはアスリートにも危険 「限界突破」に注意を

 ◇高齢者は暑さに「鈍感」 先日、娘婿と久々にゴルフに行きました。炎天下でしたので、電解質の入ったスポーツドリンクを多数持ち込み、…

理由を探る認知症ケア
 

Yさんが施設で勝手に他人の部屋に入っていく理由

 ◇介護者の急な入院で施設に入所したYさん ある日、この連載を読んでくれている介護老人保健施設(老健)の職員から、私に次のような相…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
「ワクチンをだれのために打ちますか」と聴衆に問いかける谷口医師=ウェブ中継の画面から

新型コロナワクチン「四つの視点」 谷口恭氏講演

 医療プレミアで約6年間にわたり「実践!感染症講義-命を救う5分の知識-」の連載を続けている谷口恭医師(太融寺町谷口医院院長)が1…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
米国を出発する際のローガン空港。家族連れなどでにぎわっていた=2021年5月15日、大西睦子撮影

新型コロナ 日米で違う入国規制 背景は文化?

 2021年5月16日、私は約1年半ぶりに日本に帰国しました。新型コロナウイルスの流行後、初めての帰国です。目的は、仲間の医療チー…

超高齢化時代を生きるヒント
 

新型コロナ 第2波は重症者が少ないのか?

 私は、主に地域で高齢者を対象にした医療を提供している医療職です。ですから、3~4月の新型コロナウイルスの第1波に比較して、今回の…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア