病気を知る

Dr.林のこころと脳と病と健康

林公一 / 精神科医

「どこにいても自分の悪口が聞こえてくる」「ついうそが口をついて出てくる」「自分の中に違う人格がいる」「人の顔の見分けがつかない」……。健康な悩みに見えたものが心や脳の病だったり、逆に病に見えたものが健康な悩みだったりということはよくある。こころと脳と病と健康の微妙で複雑な関係を、事例を紹介しながら解き明かす。

連載記事 31件

イチ押しコラム

ボストン発 ウェルエイジング実践術
作業療法に取り組む高齢の女性(左)

米国で警告が相次ぐ認知症の「インチキ医療」

 高齢化に伴い、米国でも認知症患者が増えています。現在、効果のある治療がない(薬はあるが効果は病気の進行を半年遅らすぐらい)ため、…

理由を探る認知症ケア
 

夫をお風呂に入れてくれるヘルパーに妻が“嫉妬”?

 ◇ヘルパーの手伝いを嫌がったHさん Hさん(78)は、パーキンソン病で車いす生活を送る夫を介護しています。軽度のアルツハイマー型…

無難に生きる方法論
 

「敏感で人の気持ちを読みすぎる」子どもたち

 今年3月、「子どもの肩こりとぜんそくは『不登校サイン』かも?」というコラムを書いた。これらの症状を含め、周囲の刺激に過剰に敏感な…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
献血する男性

調査で判明 白血病ウイルスは各地で感染拡大中

 かつては縄文人だけが感染していたという説のある「成人T細胞白血病型ウイルス1型(HTLV-1)」。一時は、母子感染対策が徹底され…

超高齢化時代を生きるヒント
 

社会が想定しなかった「未婚高齢者増加」の衝撃

 「うちの息子はまだ独り身でね、困ってしまって。でもよく面倒を見てくれるから感謝していますよ」 在宅医療をしているとこのような話を…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア