患者の気持ち

命の恩人 横浜市・女性(看護師・55歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 4年前、突然腎臓を患い生死の境をさまよう体験をした。

 そこまでひどい状態とは思わなかったので、解熱剤でごまかしながら、1週間ほど仕事をしていた。とうとう右の腎臓辺りの鈍痛に耐えられなくなり、はいつくばうようにして病院へ行った。

 しかし、泌尿器科は午後休診。絶望感に襲われ脂汗も! 座っていられないほどになり、何科でもいいと、目の前の内科外来に頼み込み空きベッドに休ませてもらった。点滴を受けながらもうろうとする意識の中、のんきなことを考えていた。これから娘の個人面談があるのに……。クリスマスは?…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声