紙面より

乾癬と付き合うには

  • 文字
  • 印刷

Q 乾癬と付き合うには

 45歳の息子が帰省したとき、乾癬(かんせん)の症状がひどくなっていました。この病気は完治しないと聞きますが、一生付き合うにはどうしたらいいか教えてください。(大阪府・女性・70代)

A 体質にストレス加わり発症か 高価だが新薬に効果

中川秀己先生(東京慈恵会医科大皮膚科教授)

 乾癬とは、皮膚が赤くなって盛り上がったところに銀白色のかさぶたができ、フケのようにはがれ落ちる病気です。こうした症状は頭や手足など全身に表れ、進行すると数が増えて、互いにくっついて大きくなります。推計によると、日本の患者数は約30万人です。症状によって五つに分類されますが、患者の約90%が「尋常性乾癬」と呼ばれるタイプです。皮膚の症状に加え、関節の痛みや変形などが起こる「関節症性乾癬」も7%にみられます。人には絶対にうつりません。

 皮膚は一定のサイクルで生まれ変わりますが、乾癬になると、皮膚表面の細胞の増殖にブレーキがかからず生…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1474文字)