患者の気持ち

終末期医療 埼玉県深谷市・女性(医師・67歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 北海道の嫁の90歳代の祖父母が相次いで亡くなりました。2人共患い、別々の病院に入院していて、死期が迫っていました。祖母が亡くなると、家族は祖父の入院している病院の裏口から霊安室にひつぎを運び、酸素吸入中の祖父をベッドごと運んできてもらい、最後のお別れをさせたそうです。祖父は「もうすぐ俺も行くから」と泣きながら声をかけたそうです。その3日後祖父も亡くなりました。

 高齢者夫婦が病床につき、片方が亡くなるとショックを受けるからと内緒で葬式をあげることがよくあります…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文528文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声