紙面より

アルツハイマー治療に光明 原因物質除去する抗体作製 大阪市立大が米科学誌発表

  • 文字
  • 印刷

 大阪市立大は9日付の米神経科学専門誌で、アルツハイマー病の原因物質を除去する抗体の作製に成功したと発表した。病気を引き起こす異常なたんぱく質「リン酸化タウ」が脳内に蓄積したマウスに、この抗体を投与すると、記憶力が改善したという。アルツハイマー病の新たな治療薬開発につながる成果として注目される。【斎藤広子】

 アルツハイマー病は認知症の約6割を占め、国内の患者は約200万人とされる。神経細胞が次々死んで発症…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文661文字)