紙面より

夜尿症治らぬ14歳の孫が心配

  • 文字
  • 印刷

Q 夜尿症治らぬ14歳の孫が心配

 14歳の孫はいまだに夜尿症が治らず、毎晩紙パンツをはいて寝床に入ります。小柄でやせ気味の娘ですが、このままホルモンの発達を待つしかないのでしょうか。(女性・70代)

A 自信失う前に医療機関へ 生活指導や薬で治療

村杉寛子先生(東京女子医大小児科非常勤講師)

 夜、寝ている時、知らないうちに布団の中でおしっこ(尿)を漏らすことを「おねしょ」といいます。赤ちゃんの時は尿をためるぼうこうが小さく、昼夜区別なく尿が作られるため、一晩に何度も尿をします。しかし成長に従い、ぼうこうが大きくなり、夜間にできる尿の量も少なくなるため、だんだん尿の回数が減ります。一般には、小学校入学前後の5〜6歳を過ぎてもおねしょが続くような場合、「夜尿症」と定義しています。

 夜尿症の子どもは少なくありません。厳密な調査こそありませんが、幼稚園年長時で約15%、小学校3年生…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1442文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら