紙面より

脅威「人食いバクテリア」増殖して手足壊死、致死率30~50%

藤野基文・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
「人食いバクテリア」になることがあるA群溶血性レンサ球菌=国立感染症研究所提供
「人食いバクテリア」になることがあるA群溶血性レンサ球菌=国立感染症研究所提供

 突然発症して急激に手足の壊死(えし)などが進み、時に人の命を奪う「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の患者報告数が近年、増加傾向にある。国立感染症研究所によると、昨年は1999年の調査開始以降最も多い273人に達した。今年も2月15日までで68人に上る。急激な進行と致死率の高さから「人食いバクテリア」と恐れられる細菌感染症の実態とは?

 主な原因菌の「A群溶血性レンサ球菌」は特別な細菌ではない。へんとう炎やとびひ、皮膚炎などを起こすが…

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1327文字)

藤野基文

毎日新聞 医療プレミア編集部

ふじの・もとふみ 1977年生まれ。2004年に毎日新聞社入社。甲府支局などを経て、10年から東京本社科学環境部で、医療・医学、環境省、ノーベル賞などを担当。医療・医学分野では、臓器移植、感染症、脳神経科学、再生医療などを取材した。17年4月からデジタルメディア局医療プレミア編集部。