紙面より

ミトコンドリア病、特定酵素の働き低下で発症 熊本大など、治療薬の候補開発

  • 文字
  • 印刷

 遺伝性の難病「ミトコンドリア病」の発症の仕組みを解明し、治療薬の候補となる薬剤も開発したと、富沢一仁・熊本大教授(分子生理学)らの研究チームが4日、米科学誌セル・メタボリズム電子版で発表する。チームは「今後、動物実験を経て臨床試験を実施したい」としている。

 ミトコンドリア病は、細胞の中でエネルギーを作り出す小器官ミトコンドリアの働きが落ちることで起こる病気。全身の筋力や心機能の低下などさまざまな症状がある。特定の遺…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)