紙面より

女子大生の孫。ニキビ治らない

  • 文字
  • 印刷

Q 女子大生の孫。ニキビ治らない

 19歳で女子大生の孫は小学生の頃から顔にニキビができ、治療で潰され痛い思いをしてきました。なかなか治らず、体質改善にと漢方薬をもらい、美顔手術も考えています。(女性・70代)

A 毛穴に皮脂詰まり菌が増殖 医師処方の塗り薬を

川島眞先生(東京女子医科大皮膚科教授)

 ニキビは医学的には「尋常性痤瘡(ざそう)」という皮膚の病気です。日本人の9割が経験し、年齢と共に自然に良くなることが多いため、「青春のシンボル」と片付けられることもあります。

 しかし、顔にできることで精神的な落ち込みが激しく、イライラしたり外出したくなくなったりして、生活の…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1508文字)