紙面より

アルツハイマー治療薬、「漢方薬」併用で効果アップ

  • 文字
  • 印刷

 アルツハイマー病の治療薬と市販の漢方薬「人参養栄湯(にんじんようえいとう)」を併用することで、患者の認知機能低下や病気に特徴的なうつ状態に回復傾向がみられたと、慶応大などのチームが近く、日本老年精神医学会の英文誌に発表する。今後、投与する患者数を増やし、効果の検証や仕組みの解明を進めるという。

 アルツハイマー病患者の脳では、情報をやり取りするための神経細胞の突起を包む「ミエリン」と呼ばれるさやが失われることが分かっている。チームが、アルツハイマー病マウスに、さまざまな薬剤を投与したところ、人参養栄湯では、失われたミエリンが再生されること…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)