紙面より

狭心症に超音波治療開発

  • 文字
  • 印刷

 重症の狭心症患者の胸部に超音波を当てて治療する画期的な治療法が開発され、東北大学病院などで臨床試験が始まっている。この治療法の対象となるのは、通常の手術や薬では効果が得られなかった重症の患者で、全国に約5万〜10万人いるといわれる。同病院などは超音波治療の臨床治験に参加する患者を募集している。

 ●重症患者に威力

 狭心症は、心臓に酸素や栄養を送る冠動脈の血流が不足して、酸素不足に陥り、胸に痛みが生じる病気。喫煙…

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1520文字)