紙面より

腹腔鏡手術、長短所見極めを 難易度高いほど医師の経験、技術で差

  • 文字
  • 印刷

 群馬大医学部付属病院(前橋市)や千葉県がんセンター(千葉市)で、手術後に患者の死亡例が相次いだことから注目を浴びている腹腔鏡(ふくくうきょう)手術。腹腔鏡手術とは、どのような手術なのか。専門家にメリットとデメリットを聞いた。

 ●体に穴開け器具挿入

 体内にカメラを入れて観察する「内視鏡」のうち、横隔膜から骨盤の間の腹腔部分に入れるものが腹腔鏡だ。腹腔鏡を使う手術は、体に1〜1.5cmの小さな穴を開け、そこからカメラや手術器具を入れて実施する。

 手術中は、体内で器具を動かしやすいように腹腔内に炭酸ガスを入れ、膨らませる。手術する臓器によって開ける穴の数は1〜6カ所程度と異なる。目に見えないところでの治療となるため、医師は、挿入したカメラがモニター画面に映し出す手術部位を見ながら、電気メスや臓器をつかむ道具、はさみなどを取り付けた棒状の手術器具を入れ、操作する。今までに1000例以上の腹腔鏡手術を実施した東京医科大病院(東京都新宿区)の土…

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1486文字)