紙面より

心臓病には緑茶、コーヒー 「毎日よく飲む」死亡リスク1〜4割減

  • 文字
  • 印刷

 日本人の成人約9万人の平均19年間の追跡調査で、緑茶やコーヒーを毎日よく飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて心臓や脳血管の病気で死亡する危険性が1〜4割程度低かったとの研究結果を、国立がん研究センターと東京大のチームが7日発表した。含有する成分の血圧調整などの効果が影響している可能性があるという。

 対象は10都府県に住む40〜69歳の男女計約9万人。1990年以降の調査期間中に1万2874人が死亡し、死因と生活習慣との関連を調べた。

 その結果、緑茶を「1日5杯以上飲む」と答えた男性が期間中に亡くなる危険性は、1日1杯未満の男性より13%下がった。死因別では▽心疾患で13%▽脳血管疾患で24%▽呼吸器疾患で45%−−低くなった。女性も心疾患で37%、脳血管疾患と呼吸器疾患で各13%下がり、全体の死亡リスクは17%低かった。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文589文字)