紙面より

若年性認知症の週末検査 順天堂医院、2泊入院で早期発見

  • 文字
  • 印刷

 働き盛りであることなどから初診が遅れがちな若年性認知症について、順天堂大医学部付属順天堂医院(東京都文京区)は6月から、週末に2泊3日で集中的に受けられる検査入院をスタートする。11日から予約を開始した。早期の発見や治療により就労を継続できるように支援するもので、全国でも先進的な取り組みだ。【山田泰蔵】

 若年性認知症は65歳未満で発症し、2009年の推計で約4万人。物忘れなどの症状を自覚しても、平日に…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文927文字)