人類史からひもとく糖質制限食

700万年間、ヒトが食べてきた食事とは?

江部康二・高雄病院理事長
  • 文字
  • 印刷

 毎日新聞ウェブサイトの読者の皆さん、初めまして。京都にある一般財団法人高雄病院理事長の江部康二です。新しくオープンした「医療プレミア」サイトでエッセーを連載させていただくことになりました。タイトルは「人類史からひもとく糖質制限食」と大風呂敷? を広げてみました。糖質制限食というと、「何のこっちゃ?」と思われる方もおられるのではないでしょうか。まずは簡単に説明しましょう。

 米国糖尿病学会の患者教育用のテキストブック「Life With Diabetes」(2004年版)には、「摂取後直接、血糖に変わるのは炭水化物のみである。炭水化物は速やかに吸収され、直接100%血糖に変わり、ほぼ120分以内に吸収は終了する。たんぱく質・脂質は、摂取後、直接血糖に影響を及ぼすことはない」と記載されています。「炭水化物=糖質+食物繊維」であり、食物繊維は人体に吸収されません。従って米国糖尿病学会の記載をよりシンプルに言い換えると「糖質だけが血糖値を上昇させ、たんぱく質と脂質は上昇させない」ということになります。欧米ではこのことは、医師も栄養士も看護師も学校で学ぶので、常識として周知されています。

 実は、米国糖尿病学会のテキストブック(1997年版)では、「炭水化物は摂取後速やかに吸収され100%血糖に変わり、たんぱく質は数時間で約半分が血糖に変わり、脂質はゆっくりと約10%未満が血糖に変わる」と記載されていました。04年版以降、上述のようにがらっと変更されて現在に至っているのです。

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1933文字)

江部康二

高雄病院理事長

えべ・こうじ 1950年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所(現京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学)などを経て、78年より医局長として一般財団法人高雄病院(京都市)に勤務。2000年理事長に就任。内科医、漢方医。糖尿病治療の研究に取り組み、「糖質制限食」の体系を確立したパイオニア。自身も02年に糖尿病であることが発覚し、実践して糖尿病と肥満を克服する。これまで高雄病院などで3000人を超える症例を通じて、糖尿病や肥満、生活習慣病、アレルギーなどに対する糖質制限食の画期的な治療効果を証明し、数々のベストセラーを上梓している。