医療プレミア特集

日本医療小説大賞に上橋菜穂子さん 授賞式で「本当に幸せ」

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 第4回「日本医療小説大賞」(日本医師会主催)の授賞式がこのほど東京都内のホテルで行われ、受賞作「鹿の王」(KADOKAWA)の著者・上橋菜穂子さんに表彰状と副賞が贈られた。上橋さんは「一人では成り立ち得ない命が人と人との間に医療があることによって何とか支えられる可能性がある。そんな思いを抱えながら書いた物語を評価していただけて本当に幸せ」と喜びを語った。

 同作品は、異世界を舞台に感染から生き残った父子と、治療法を探すため奔走する医術師らの姿を描いた長編…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文525文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。