笑顔をつくる おなかの医学

胸やけ、胃もたれ、便秘…おなかの不快症状の原因は?

尾高健夫・尾高内科・胃腸クリニック院長
  • 文字
  • 印刷

 胸やけ、胃もたれ、便秘など日常的に経験する症状も、慢性的に続くとつらいものです。そんな症状の原因として近年、「胃腸の機能性疾患」「機能性胃腸症」「機能性消化管障害」などと呼ばれる病気が注目を集めています。一言で言えば、胸やおなかに不快な症状があるのに、がんや潰瘍など原因となる異常を見つけられない病気の総称です。人間の本能的な喜びである「食」の楽しみを損ない、生活の質(QOL)を低下させ、楽しく生きる「ウェルエイジング」の大敵となるこの病気が、最近増えています。当連載では、数ある胃腸の機能性疾患の中から毎回一つの病気を選び、尾高内科・胃腸クリニック(千葉県)の尾高健夫院長に解説していただきます。消化器疾患と内視鏡検査の専門医としての長い経験で培われたアドバイスを、おなかの健康づくりに役立ててください。【聞き手=医療ライター・竹本和代】

この記事は有料記事です。

残り1378文字(全文1750文字)

尾高健夫

尾高内科・胃腸クリニック院長

おだか・たけお 1989年島根医科大学(現・島根大学医学部)卒業後、千葉大学医学部第1内科(現・消化器・腎臓内科学)入局。千葉県立東金病院内科医長、東邦大学医療センター佐倉病院内視鏡治療センター講師、おゆみのクリニック(千葉市)消化器科部長などを経て、2014年千葉市内に尾高内科・胃腸クリニックを開設。長く消化器疾患と内視鏡検査の専門医として診療にあたり、特に胃腸疾患では内視鏡による早期がんの診断と治療、ヘリコバクター・ピロリの除菌治療、胃食道逆流症、便秘・下痢症など幅広い疾患を対象に治療と研究を行ってきた。モットーは「人として優しく、医者として明るい医療」。科学的エビデンス(証拠)と自身の経験による知識をバランスよく、わかりやすい言葉で患者に伝えることに心を砕いている。